化粧水をしっかり選んで保湿力アップ|潤い美肌はケアが大切

浸透に大事な3分間

二人の女性

混ざり合っては意味がない

朝目を覚まして顔を洗ってから、そして夜はお風呂上りにスキンケアとして化粧水をつけるものですが、化粧水をつけた後は保湿ケアとして乳液やクリームをつけます。そのとき、化粧水をつけた後すぐに保湿ケアを行なう人が意外と多くいたりします。それはかなり勿体無い使い方で、実は化粧水が肌に浸透する前に保湿ケアのための乳液やクリームをつけてしまうとその効果を失ってしまうのです。なぜなら化粧水は水分で保湿をするための乳液やクリームは油分であるため、2つが混ざり合ってしまうと化粧水は肌に浸透しなくなり肌に潤いを与えられなくなるのです。そのためにも化粧水はしっかりと肌に浸透させてしばらく時間を置いてから保湿ケアをするための乳液やクリームをつけなければなりません。

つけてから3分待つ

では朝洗顔した後やお風呂上りの後に化粧水をつければ、どのくらい経ってから保湿ケアをするための乳液やクリームをつければ良いのか、それは3分経ってからつけると良いといわれています。3分ほどがちょうどよく肌に浸透するらしく、それから保湿ケアを行なうことで肌の潤いを閉じ込めて水分を逃さずカバーしていくことができるようになります。その化粧水をつけるとき少し温めると肌への浸透性をさらに強くさせることができますし、同じく保湿ケアをするための乳液やクリームも少し温めるとさらに肌への効果を高めてくれるようになります。特に乾燥した冬の季節は肌が冷えやすくなるため、冷たい化粧水や乳液、クリームを使うよりも少し温めたものを使うほうが肌に優しく浸透させられます。