化粧水をしっかり選んで保湿力アップ|潤い美肌はケアが大切

十分にスキンケアするため

婦人

お風呂上りの30分

お風呂から上がった時には、なるべく早く化粧水をつけることが大事です。お風呂上がりは、肌がしっとりしていることもあり、しばらくスキンケアをしていなくても大丈夫と思ってそのまま放置している人もいたりするのです。しかし、それでは乾燥肌を誘うようになり後々後悔するようなことになってしまうかもしれません。入浴後、30分以内に化粧水をつけなければ、肌へと化粧水の有効成分が浸透しにくくなります。そのためお風呂上りからそのまま肌を放置してしまうのは厳禁です。湯上がりの肌は、化粧水の浸透効率が最も高まっているタイミングなので、すぐにスキンケアするように習慣づけましょう。

美容オイルを混ぜて使用

お風呂上りの後の化粧水は絶対で、そして化粧水だけで終わらせてはいけません。その後は保湿クリーム化乳液をつけて潤いを保護しなければ化粧水の水分は逃げてしまうのです。それこそまた勿体無いこととなり、肌の保湿が保てなくなります。お風呂上りこそ肌の水分が蒸発しやすくなるため、保湿クリームをつけることも必要なスキンケアなのです。その保湿クリームに美容オイルを混ぜて使用するとさらに保湿力がアップするといわれています。1滴ほど美容オイルをまぜ、化粧水をつけた後にその水分を肌に閉じ込めるように美容オイルを混ぜた保湿クリームをつけていきます。そうすると、美容オイルの成分がじっくりと肌に浸透していき、眠って起きた後はしっとりもっちりとした肌となって目覚めることができるようになります。